Long-Term Care Health Facility Hatsuratsu

Long-Term Care Health Facility Hatsuratsu

住所

〒350-0226
埼玉県坂戸市本町2-13

お車でお越しの場合/関越自動車道 鶴ヶ島インターから約6分
電車でお越しの場合/東武東上線「坂戸」駅北口から徒歩約7分
バスでお越しの場合/東部東上線「坂戸」駅北口からさかっちバス おおや線「本町/はつらつ・本町診療所」下車

Googleマップで開く
連絡先

TEL.049-283-0021

時間

9:00〜17:00

休日

月曜・祝日・年末年始(12/31〜1/3)

事業

入所者が可能な限り居住における生活への復帰ができるよう、看護、介護、機能訓練および日常生活のお世話をいたします。

入所
定員

100名

療養室

1人室 12室/4人室 22室

通所
定員

30名

フロアマップ

7F
サンルーム・理美容室
ボランティアルーム
6F
リハビリテーションルーム
デイルーム・一般/機械浴室
5F
療養室・サービスステーション
食堂・談話室
4F
療養室・サービスステーション
食堂・談話室・診察室・静養室
3F
療養室・サービスステーション
食堂・談話室・一般/機械浴室
2F
療養室・サービスステーション
食堂・談話室
1F
受付・居宅介護支援事業所
相談室・展示室・本町診療所

少子高齢社会となった今日、施設介護の一翼を担う為、坂戸市中央地区に都市型介護老人保健施設並びに居宅介護支援事業所を開設いたしました。

介護老人保健施設

はつらつ

理念

  • いつも笑顔とやさしい言葉で利用者に接します。
  • 利用者の立場にたち家庭的な雰囲気作りに努めます。
  • 常に技術を磨き、仕事に創意工夫をいかします。
  • 明るく、楽しく、はつらつと仕事に励みます。

01

介護老人保健施設の役割

介護老人保健施設は、利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上をめざし総合的に援助します。また、家族や地域の人びと・機関と協力し、安心して自立した在宅生活が続けられるよう支援します。

包括的ケアサービス施設

利用者の意思を尊重し、望ましい在宅または施設生活が過ごせるようチームで支援します。そのため、利用者に応じた目標と支援計画を立て、必要な医療、看護や介護、リハビリテーションを提供します。

リハビリテーション施設

体力や基本動作能力の獲得、活動や参加の促進、家庭環境の調整など生活機能向上を目的に集中的な維持期リハビリテーションを行います。

在宅復帰施設

脳卒中、廃用症候群、認知症等による個々の状態像に応じて、多職種からなるチームケアを行い、早期の在宅復帰に努めます。

在宅生活支援施設

自立した在宅生活が継続できるよう、介護予防に努め、入所や通所・訪問リハビリテーションなどのサービスを提供するとともに、他サービス機関と連携して総合的に支援し家族の介護負担の軽減に努めます。

地域に根ざした施設

家族や地域住民と交流し情報提供を行い、さまざまなケアの相談に対応します。市町村自治体や各種事業者、保健・医療・福祉機関などと連携し、地域と一体となったケアを積極的に担います。また、評価・情報公開を積極的に行い、サービスの向上に努めます。

02

サービス内容

入所サービス

一般入所

症状が安定していて入院の必要がなくなっても、身の回りの介護が必要な場合、リハビリテーションなどにより家庭に戻る準備をします。又ご家庭には介護の指導もさせていただきます。

基本料金

4人室

2,680円/月額 83,080円(施設サービス費の一割負担+1日)

内訳(1日当たり)
居住費 470円、食費 1,910円、日用生活品費 150円、教養娯楽費 150円

※介護度によって金額が異なります。
※介護保険負担限度額認定証に、記入されている負担割合を負担していただきます。

個室

6,100円/月額 189,100円(施設サービス費の一割負担+1日)

内訳(1日当たり)
居住費 1,690円、特別室料 2,200円、食費 1,910円、日用生活品費 150円、教養娯楽費 150円

加算料金

介護職員処遇改善加算は、合計単位数に3.9%加算されます。介護職員等特定処遇改善加算は、合計単位数に1.7%加算されます。利用者負担額は、単位数×1.027円の金額となります。

在宅サービス

短期入所療養介護(ショートステイ)

サービス内容は一般入所と同様で介護者の疾病・休養・冠婚葬祭などの事情で、一時的に介護が出来ない場合にご利用いただけます。

基本料金

4人室

2,680円/月額 83,080円(短期入所療養介護サービス費の一割負担+1日)

内訳(1日当たり)
居住費470円、食費(朝食520円・昼食770円・夕食620円)、日用生活品費150円、教養娯楽費150円

※介護度によって金額が異なります。
※介護保険負担限度額認定証に、記入されている負担割合を負担していただきます。

個室

5,100円/月額 189,100円(短期入所療養介護サービス費の一割負担+1日)

内訳(1日当たり)
居住費 1,690円、特別室料 2,200円、食費(朝食520円・昼食770円・夕食620円)、日用生活品費150円、教養娯楽費150円

加算料金

介護職員処遇改善加算は、合計単位数に3.9%加算されます。利用者負担額は、単位数×1.027円の金額となります。介護職員等特定処遇改善加算は、合計単位数に1.7%加算されます。

通所リハビリテーション(デイケア)

日帰りで施設に通所していただき、リハビリテーション、レクリエーション等を行います。又通所者の求めに応じ食事、入浴などのサービスを提供します。

基本料金

1,060円(通所リハビリテーション費の一割負担+1日)

内訳(1日当たり)
食費770円、日用品費140円、教養娯楽費150円

※介護度によって金額が異なります。
※介護保険負担限度額認定証に、記入されている負担割合を負担していただきます。

加算料金

介護職員処遇改善加算は、合計単位数に3.4%加算されます。利用者負担額は、単位数×1.033円の金額となります。

※介護職員等特定処遇改善加算は、合計単位数に1.7%加算されます。

訪問リハビリテーション(訪問リハ)

理学療法士や作業療法士などの専門家が自宅を訪問して、必要なリハビリテーションを行います。

基本料金

307単位/回

加算料金

サービス提供体制強化加算(Ⅰ)6単位/回
単位数×1.033円の金額となります。

03

ご利用対象者

年齢
65歳以上の第1号被保険者、40歳以上64歳までの第2号被保険者
入所
要介護状態と認定された第1号被保険者、特定疾病に起因した要介護状態と認定された第2号被保険者
短期入所・通所リハ・訪問リハ
要支援状態または要介護状態と認定された第1号被保険者、特定疾病に起因した要支援状態または要介護状態と認定された第2号被保険者

04

ご利用方法

1

ご相談

事前にご連絡ください。
見学・面接日を決め次第、施設のご案内・身体状態などをうかがいます。

2

申し込み

利用申し込み書をご提出ください。
ご利用についての検討をいたします。検討結果は後日連絡いたします。

3

日程調整

利用可能な場合は開始日の日程調整をさせていただきます。

4

利用開始

利用開始日にご契約をさせていただきます。

05

居宅介護支援事業所について

介護支援専門員(ケアマネージャー)がいる事業所です。介護サービスを受けるために必要な「要介護認定」の申請代行や居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成を依頼する窓口となります。

主な事業内容
1.要介護認定申請の代行およびその他介護保険に関わる手続きの代行業務
2.在宅介護、在宅生活に関する相談援助
3.居宅サービ計画(ケアプラン)の作成
4.介護サービス提供事業者との連絡、調整
対象となる方
65歳以上で要介護認定を受けた方
40歳から64歳までの方で特定疾病(脳血管疾患など)により要介護認定を受けた方
ご相談・ご利用方法について
まずは居宅介護支援事業所までお気軽にお電話ください(ご相談は無料です)。ご相談のお電話をいただきましたら、日程を調整させていただきます。窓口対応、訪問による対応、お電話のみの相談にも応じます。プライバシーに関わるご相談内容は一切口外いたしませんので、安心してご利用いただけます。

詳しくはお電話にて
お問い合わせください

居宅介護支援事業所

TEL.049-283-3777 /
相談時間 9:00~17:00 (日曜・祝日を除く)

採用情報に関しては
採用サイトをご確認ください

介護老人保健施設はつらつ 新卒/中途 採用サイト