坂戸中央病院

救急告示病院 〒350-0233 埼玉県坂戸市南町30-8  049-283-0019  社会医療法人刀仁会

坂戸中央病院について

ごあいさつ

皆さんもご存知のとおり病院を取り巻く環境は近年一段と厳しさを増しております。勤務医の減少、慢性的な看護師不足、医療費抑制、更には医療訴訟などが引き金となり「医療崩壊」をきたしつつあります。

しかしこういった大変な状況においても、病院はある意味で「公共的な役割」を担っておりますので、当院でも引き続きこの地域の医療を支えていく使命があると自負しております。

従来、中小病院においてもあらゆる病気に対応できるオールマイティな機能が求められていました。しかし、前述のとおり医療は変遷の時代を迎えており、一病院で完結する医療ではなく他施設との連携で地域の医療を守っていく時代であると感じております。

そのため、当院で治療が困難と判断した場合は速やかに高度急性期病院を紹介し、その後、引き続き急性期医療の必要な患者さんが当院に入院できるような連携、地域の診療所の患者さんで入院が必要となった場合の連携、介護施設等の利用者さんが急変した場合の連携等の強化を図っていきたいと考えております。

医療は医師を中心として、看護師、薬剤師、リハビリ、レントゲン、検査、栄養、事務など多職種の集団がそれぞれの持ち味を生かして、いわばチームを形成して医療に従事しております。今後はこのチームを病院内だけではなく、地域全体に広げていくことによって地域医療に貢献していく所存です。

われわれは「和顔愛語」を理念とし、相手の立場に立って、できうる限りの良質な医療を提供していこうと思います。そのためには、市民や患者さんの皆様方にもご協力していただく事が多々あると思いますがご協力をお願いします。

坂戸中央病院院長
圡屋 長二