坂戸中央病院

救急告示病院 〒350-0233 埼玉県坂戸市南町30-8  049-283-0019  社会医療法人刀仁会

診療科・部門紹介

診療科・部門紹介

診療科目(18科)

 内科  糖尿病内科  内視鏡内科  神経内科
 外科  乳腺外科  腫瘍外科  整形外科
 形成外科  消化器内科  消化器外科  循環器内科
 呼吸器内科  呼吸器外科  泌尿器科  皮膚科
 肛門外科  リハビリテーション科

部門紹介

 看護部  外来  病棟  内視鏡室  薬剤科  検査科
 放射線科  リハビリテーション科  栄養科  地域連携・相談支援室
 医事課

医師紹介

圡屋 長二

院長

認定資格等日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会認定医
日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
日本人間ドック学会認定医
ICD(インフェクションコントロールドクター)
日本医師会認定産業医
noimage

加藤 雅也

副院長

認定資格等日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
noimage

髙田 伸樹

診療部長/内科医長

認定資格等日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会専門医
日本糖尿病協会療養指導医
日本抗加齢医学会専門医
noimage

滝川 利通

外科医長

認定資格等日本外科学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医
ICD(インフェクションコントロールドクター)
日本医師会認定産業医
noimage

廣岡 映治

内視鏡外科医長

認定資格等日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
noimage

雨宮 裕

泌尿器科医長

認定資格等日本泌尿器科学会専門医・指導医
noimage

山岡 昭治

内科医

認定資格等日本消化器内視鏡学会専門医
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医
noimage

西村 功

内科医(療養病棟担当医)

認定資格等-
noimage

中山 太郎

整形外科医

認定資格等整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
noimage

圡屋 賢吾

内科医

認定資格等日本救急医学会 救急科専門医
ICLSコースディレクター
日本医師会認定産業医
慶應義塾大学医学部 救急医学教室 助教

専門外来紹介

【形成外科専門外来】

市岡 滋 医学博士

市岡 滋 医学博士

Shigeru Ichioka, MD,PhD

【認定資格等】

  日本形成外科学会 評議員・専門医

  日本形成外科学会 認定・皮膚腫瘍外科指導専門医

  日本褥瘡学会 理事・認定師

  日本フットケア・足病医学会 理事・認定師

  日本抗加齢医学会 評議員・専門医

  日本創傷治癒学会 理事

  日本看護協会特定行為研修管理委員長

  厚労省 医療ニーズの高い医療機器の早期導入に関する検討会委員

  医薬品医療機器統合機構(PMDA)専門委員

<経歴>

1988年千葉大医学部卒業、東大大学院修了


<専門分野>

皮膚腫瘍(ほくろ、粉瘤、脂肪腫など)、外傷(けが)、熱傷(やけど)、傷跡、褥瘡(床ずれ)・糖尿病性足潰瘍、骨髄炎など治りにくいキズ(難治性創傷)、巻き爪などの変形・フットケアなど


<対象疾患>

形成外科は、体の表面の組織(皮膚、皮下脂肪、毛髪、爪、など)に現れる変形や機能障害を治療する外科です。体の表面の組織であれば、顔・頭から足までいろいろな疾患を治療しています。また、顔や手の変形・機能障害の場合は、必要に応じて骨に対する手術を行うこともあります。


<特徴>

形成外科一般について、豊富な経験に基づいて満足度の高い治療を提供致します。更なる精密診断や高度医療を必要とする場合は、最先端の医療を享受頂けるよう、常勤している埼玉医科大学病院と直結したスムーズな連携を実施しています。


<メディア出演・記事>

日本経済新聞「足の切断防ぐ再生医療」(2006年)、週刊朝日「名医の最新治療:湿潤療法」(2011年)、毎日新聞「各段に早い治り具合:局所陰圧閉鎖療法」(2010年)、TBS はなまるマーケット「知っておきたい!応急処置」(2010年)、日本テレビ 世界一受けたい授業「シミアザキズの原因究明 体に痕を残さない超美肌医学」(2012年)、朝日新聞「足切らずに傷治す」(2013年1月)、TBS この差って何ですか?「今の健康常識」(2018年)など


<診療担当日>

水曜午前

診療科


【内科】

内科では各医師が専門分野を持ちながら、地域のかかりつけ医として総合内科的な診療も実施しています。ある症状に悩まれていても、どの科にかかればよいのか分からないという時には、まず当院内科にかかってみられてはいかがでしょうか。専門的な診療が必要と考えられれば当院の専門医あるいは専門機関へのご紹介もいたします。 また、内科系の専門外来として糖尿病、循環器(心臓)、呼吸器(肺)、消化器(胃腸)・肝臓、神経内科があります。専門外来の多くは予約制となっておりますので、前もって電話等でお問い合わせ頂ければと思います。


【外科】

当院外科は2名の常勤医師に加え、数名の非常勤医師の支援を得て外来、入院、内視鏡検査、手術等の診療を実施しています。対象疾患は、胃がん、大腸がん等悪性消化管疾患や、胆石総胆管結石症、鼠径ヘルニア、痔などの肛門疾患や、消化管穿孔、腸閉塞、虫垂炎などの急性腹症です。腹腔鏡手術を中心とした低侵襲手術にも積極的に取り組んでいます。胆石胆嚢炎、虫垂炎、鼠経ヘルニアのみならず大腸癌等の悪性疾患に対しても腹腔鏡下切除術を行っております。悪性腫瘍に対する治療に関しては、埼玉医大国際医療センターや防衛医大病院等と連携を取りつつ、化学療法や疼痛管理を中心とした緩和医療にも対応しています。また、通院困難になった患者さんに対しては医療連携を通じて療養病院や緩和病棟への転院や在宅医療への移行等、癌治療の始まりから終末期医療まで切れ目のない医療の提供に努めております。


【整形外科】

現在整形外科は常勤医2名、非常勤医4名で外来診療にあたっております。診療内容としては超高齢社会ということもあり主に変形性関節症・脊椎症などの変性疾患や骨粗鬆症、骨折などの外傷を中心としております。その中で骨折や変形性関節症で人工関節(膝・股関節)の手術が必要な場合は適時速やかに行っており、当院で対応できない場合については埼玉医科大学病院、同国際医療センターと連携し紹介を行っております。また外部から専門医を招き1ヶ月に1回脊椎専門外来、毎週水曜日午後には手外科専門外来を開いております。


【泌尿器科】

泌尿器科は、尿路と男性生殖器の疾患を扱います。対象となる部位・臓器は、腎臓、副腎、尿管、膀胱、前立腺、尿道、陰茎、精巣・陰嚢などです。 それらの部位に発生した各臓器がん、結石、感染症などの疾患や排尿障害といった様々な分野を泌尿器科では診療しています(保険外診療はしていません)。社会の高齢化にともない、泌尿器科を受診する患者さんは急増し泌尿器科の需要は高まっています。現在常勤医は1名で、非常勤医2名(埼玉医科大学病院泌尿器科在籍)で外来診療しています。